廃棄処分News

不用品回収業者など目的に合った業者に依頼することが大切

業者の種類

電化製品

不用品回収業者とは

不用品回収業者は不用品の回収を行ってくれる業者です。家具や家電など様々なものを回収してくれます。無料で行ってくれるところもあれば有料で行っているところもありますし、買取れる品物は買取って、買取り金額から回収費用を差し引くなど、回収の方法は業者によって様々です。中には廃棄処分するのにお金のかかるテレビなどの家電を無料で回収してくれるような業者もあります。

リサイクルショップ

家電のリサイクルはややこしい

不用品を回収してもらえたり買取ってもらえる便利な業者について紹介してきました。次に家電のリサイクルについてよくある質問を紹介していきたいと思います。家電のリサイクルは法律も定められていて色々とややこしいので注意が必要です。

家電のリサイクルに関して

どういった家電が対象になりますか?

家電リサイクル方の対象となる家電は「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」「乾燥機」の4つです。ただその他にも小型家電リサイクル法というものがあり、その中にはスマートフォンやゲーム機器なども含まれます。小型家電リサイクル法に含まれる家電については自治体によって異なるので、自治体のホームページなどで確認しましょう。

自分で分解して処分してもいいの?

例えば液晶テレビなどを液晶部分、プラスチック部分、金属部分などに分解し、それぞれを細かく砕いて処分したとしても違法となってしまう可能性があります。これは家電リサイクル法という法律で定められたものです。また分解すると危険な家電も中にはあるので無理に分解するようなことはしない方が良いでしょう。

建物ごと解体する場合はどうなりますか?

建物ごと解体する場合あっても、エアコンなどの家電リサイクル法対象品は建築用の廃材としては取り扱われません。この場合は建物を解体してしまう前に対象の電化製品を撤去するなどして正しく対処する必要があります。

業者も対象になりますか?

家電リサイクル法の対象商品であれば事業用のものも対象となるようです。業務用の冷蔵庫やエアコンなども家電リサイクル法に則って正しい方法でリサイクルする必要があるということですね。

中古の家電はどうなりますか?

リサイクルショップで購入したり、譲り受けるなどした家電も家電リサイクル法の対象となります。中古の場合は、最終的に使用した人が処分するときに、家電リサイクル法で定められた方法で処分する必要があります。

[PR]

不用品回収なら千葉県の優良業者にお任せ!
家具・家電の買取も対応可能☆

東京の業者に不用品回収を依頼☆
24時間電話相談を実施中! 家具買取は福岡のリサイクルショップに頼もう
優良店をピックアップ☆ 家電買取は京都のリサイクルショップに頼もう
不用品をラクラク処分☆ カメラ買取なら専門店に頼もう
古いアイテムでも引取可能☆